菊次郎とさき 3

『菊次郎とさき』(きくじろうとさき)はビートたけし(北野武)による日本の小説、およびその小説を元に作成された日本のテレビドラマと演劇でである。「菊次郎」「さき」とは、ビートたけしとその兄弟(北野大など)の両親の名前。

舞台は足立区梅島(現・島根)で、腕のいいペンキ屋(塗装業)だが飲んだくれな菊次郎と、教育熱心なさきの夫婦を中心に、少年時代の北野大・ビートたけし兄弟の実家である北野家とその周囲の下町の人々をコミカルに描く。(2007)

菊次郎とさき 3

第1話 ビートたけしを生んだ感動家族!! 母の愛、父の涙… 【父(おとこ)は背中で勝負する】

第2話 父は泥棒!! たけしの涙 【罪と罰】

第3話 ビートたけしの作り方 【さきの本懐】

第4話 ビートたけし10歳の夏休み 【踊る北野一家】

第5話 武が家出!? 母の愛・父の涙 【にっぽんの家族】

第6話 梅島~たけし家に不発弾!? 【戦争と平和】

第7話 たけしが見た!! 涙の結婚式 【夫婦漫才】

第8話 父を救え! 真夏の夜の奇跡 【菊次郎忘れな草】

第9話 母涙!! 父の引退~青年武編 【落陽】

第10話 映画が北野家にやってきた 【学問ノススメ】

第11話 涙!! 花嫁の父と母 【花嫁の父と母】

키쿠지로와 사키 3

キャスト

北野家
北野菊次郎 – 陣内孝則 ⇒ 大和田唯斗(子供のころの菊次郎:第3シリーズ)
北野さき – 室井滋
北野重一(長男) – 賀集利樹(第1・2シリーズ) ⇒ 阿部力(第3シリーズ)
北野安子(長女) – 早瀬英里奈(第1シリーズ) ⇒ 市川由衣(第2シリーズ) ⇒ 黒川智花(第3シリーズ)
北野大(次男) – 若葉竜也(子役:第1シリーズ) ⇒ 村上雄太(少年時代:第2シリーズ) ⇒ 谷本和優(少年時代:第3シリーズ) ⇒ 平山広行(青年時代:第2・3シリーズ)
北野武(ビートたけし)(三男) – 桑原成吾(少年時代:第1・2シリーズ) ⇒ 塚本高史(青年時代:第2・第3シリーズ)・大和田凱斗(少年時代:第3シリーズ)
北野久美子(重一の妻・旧姓:牧野) – 京野ことみ(第1・2シリーズ)
北野うし(菊次郎の叔母・さきの養母) – 草笛光子(第1・2シリーズ) ⇒ 吉行和子(第3シリーズ)
武の通う小学校藤崎(先生・武の担任) – 西島秀俊(第1・2シリーズ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。