桂ちづる診察日録

若き蘭方医の桂千鶴(市川由衣)は、亡き父・東湖(遠藤憲一)に代わり、桂治療所を切り盛りしていた。ある日、千鶴は父の友人の漢方医・酔楽(三宅裕司)の紹介で女牢の医師を引き受ける。最初の患者・お栄(エリカ)は牢で子供を生み、産後の肥立ちが悪く衰弱していた。初めて牢に入った千鶴が牢名主のおたつ(戸田恵子)に挨拶すると、おたつは父・東湖を知っているという。その後、千鶴はお栄を診察。ろうそく問屋の「三国屋」で花ろうそくに絵を描く仕事をしていたお栄は、自分に乱暴しようとした男を殺したために牢屋に入れられていた。子供の父親は分からないというお栄が気になった千鶴は、お栄の父・仙吉(野添義弘)を訪ねる。(2010) NHK

桂ちづる診察日録

第1話『牢医になる』

第2話『花ろうそく』

第3話『父の仇』

第4話『患者の身になる』

第5話『医者の務め』

第6話『月下恋(げっかれん)』

第7話『酔楽の恋』

第8話『陽太郎の涙』

第9話『おたつの罪』

第10話『もの言わぬ叫び』

第11話『ちづるの縁談』

第12話『女の幸せ』

第13話『恩人の死』

第14話『父の夢』最終回

検索

카츠라 치즈루의 진료일지

【出演者】
市川由衣/桂ちづる役
高嶋政伸/桂陽太郎役
キムラ緑子/お竹役
戸田恵子/おたつ役
陰山泰/蜂谷吉之進役
福田転球/猫八役
江原真二郎/鶴屋南北役
遠藤憲一/桂東湖役
三宅裕司/酔楽役

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。